オーストラリアと日本 : 新しいアジア世界を目指して

ウォーレン・リード 著 ; 田中昌太郎 訳

20世紀初頭オーストラリアが布いた「白豪主義」政策は、アジア系移民の流入を拒否した。しかし1966年に白豪政策を放棄していらい、オーストラリアへは高度の才能を持ち勤勉な大勢の人々がアジア地域から移民し、ダイナミックな混合を見せ多文化国家を形成している。幕末より160年に及ぶ関係を共有する日本とオーストラリアは、グローバリゼーション時代を迎える今日、いかなるアジア・ネットワークを築きうるか、その道筋を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日豪関係-歴史的概観
  • 第2章 すべての道は東京に通じる
  • 第3章 こんにちのオーストラリア
  • 第4章 オーストラリアにおける日本のイメージ
  • 第5章 オーストラリアから見る日本の国際的役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストラリアと日本 : 新しいアジア世界を目指して
著作者等 Reed, Warren
田中 昌太郎
リード ウォーレン
書名ヨミ オーストラリア ト ニホン
書名別名 Osutoraria to nihon
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.4
ページ数 169p
大きさ 18cm
ISBN 4121010698
NCID BN07544793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想