地球化時代の日米関係

関寛治 ほか編著

[目次]

  • 第1部 新国際秩序と日米関係(湾岸・日本海・世界秩序
  • 国際連合の復権とポスト冷戦世界の安全保障
  • 国際関係のなかのラテン・アメリカ
  • 国際的役割を模索する日本
  • 湾岸戦争、国連平和協力と日本国憲法
  • 「冷戦終結」と冷戦概念を考える
  • アジア太平洋地域における米日の競争と協力
  • 第三世界開発のための日米のグローバルな協力)
  • 第2部 地球化時代の政治経済理論と日米関係(主権と近代
  • グローバルな安全保障の新しい定義に向けて
  • ポスト・パクス・アメリカーナと生産システムの革新
  • 冷戦後の国際政治
  • 争点領域の「南北」化と日米関係
  • ソ連外交の変貌とポスト冷戦の世界
  • 近代・主権と米国の覇権的地位の衰退)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球化時代の日米関係
著作者等 関 寛治
大久保 史郎
玉本 偉
グッドマン ルイス・W.
書名ヨミ チキュウカ ジダイ ノ ニチベイ カンケイ
出版元 日本評論社
刊行年月 1992.4
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 4535580219
NCID BN07564644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92049002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想