碧巌録  上

圜悟克勤 [著] ; 入矢義高 [ほか]訳注

『碧巌集』ともいう。北宋初期の僧雪竇重顕が編んだ公案書『雪竇頌古』に、北宋晩期の僧圜悟克勤が解説・論評を加えたもの。「宗門第一の書」といわれる禅の教本で、日本の禅に測り知れない影響を与えた。訓読文には、原文に多用されている唐宋期の俗語・口語に即して思いきった訓みを付すなど、訳注者四氏の綿密な討議に基づく新釈。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 碧巌録
著作者等 伊藤 文生
克勤
入矢 義高
朝比奈 宗源
末木 文美士
溝口 雄三
重顕
書名ヨミ ヘキガンロク
シリーズ名 碧巌録
岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.6
版表示 改版
ページ数 369p
大きさ 15cm
ISBN 4003331117
NCID BA31265149
BN0093827X
BN07742491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92045983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想