おやじ修業

つのただひさ 著

[目次]

  • その1
  • 一 女房が実家に帰えって / 9
  • 二 産みの苦しみ / 13
  • 三 オトコウムゲ ンキ / 14
  • 四 オシではなかった / 16
  • 五 あなた似だそうで / 18
  • 六 親子は一世、夫婦は二世 / 19
  • 七 うち型の顔よ / 23
  • 八 むすことの対面 / 25
  • 九 老母との別れ / 28
  • 一〇 「先生は家庭内では暴君だよ」 / 30
  • 一一 「愛情が濃すぎて複雑なの」 / 35
  • 一二 おしめにかこまれる / 39
  • 一三 赤ん坊のさん助役 / 42
  • 一四 「君の忙しいのは趣味だよ」 / 45
  • 一五 利己のない愛は、子どもを暴君か弱者にする / 49
  • 一六 老母の自己犠牲 / 52
  • 一七 「二人の妻」を持った感じ / 55
  • 一八 女房の父親が来た / 59
  • 一九 「もっと協力して下さらなくては……」 / 62
  • 二〇 人事移動 / 65
  • 二一 大人になれない気持 / 68
  • 二二 F中事件のころ / 71
  • 二三 親というのは罪なもんだ / 74
  • 二四 女房への不満 / 78
  • 二五 「男っていざとなると頼りないものネ」 / 81
  • 二六 負けおしみ / 84
  • 二七 <小さき者へ> / 87
  • 二八 愛情のパーセント / 90
  • 二九 鮎女房 / 94
  • 三〇 親の責任・親の恩 / 97
  • 三一 男の意地 / 101
  • 三二 センチメンタリズムは禁物 / 104
  • 三三 「家庭」という重荷 / 107
  • 三四 転任に闘志をもやす / 110
  • 三五 気がついたら父親に / 114
  • 三六 強い者はシンガリに / 117
  • 三七 組合と転任とに迷う / 120
  • 三八 お父ちゃま 頑張れ! / 124
  • その2
  • 一 三島に引越す / 131
  • 二 共稼ぎがはじまった / 135
  • 三 人知れず溜息をつく / 141
  • 四 「お父ちゃまのは理屈だけね」 / 147
  • 五 何のための共稼ぎ? / 154
  • 六 女性の就職問題を論ず / 161
  • 七 家事に関する自己研修 / 169
  • 八 「家」のゆううつ / 177
  • 九 わが家の黒いしみとは / 185
  • 一〇 お手伝いさんが来た / 193
  • 一一 共稼ぎ生活一年半 / 201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 おやじ修業
著作者等 津野 忠久
つのただひさ
書名ヨミ オヤジ シュギョウ
シリーズ名 三一新書
出版元 三一書房
刊行年月 1961
ページ数 211p
大きさ 18cm
NCID BN09907264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61009624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想