漱石作品論集成  別巻

堀部 功夫;村田 好哉【編】

漱石の見た<漱石>-。既成目録未登載の同時代評50余編を発掘、初出挿絵を併載(第1部)。<漱石十面鏡>現在入手困難な小宮豊隆「明暗」講演録など類書未収録の基本文献10編を翻刻(第2部)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 同時代評(文科大学学生々活<6>六歌仙
  • 新刊寄贈書目
  • バルザックの肖像/トチメンボー/孔雀
  • 教師の一日
  • 当選したる新進名家
  • 人生と表現
  • 文芸院の審査 ほか)
  • 第2部 大正6年から昭和10年まで(『吾輩は猫である』の基調
  • 漱石の早期作品に見えたる二傾向
  • 漱石「草枕」小論
  • 「夏目漱石集」の後に-漱石先生小伝
  • 「行人」「こゝろ」「道草」に就いて-エチユド的漱石論
  • 漱石のモデル・猫の話
  • 漱石・子規・蕪村
  • 夏目漱石の文章
  • 夏目漱石特にその明暗を中心として
  • 知的小説としての「それから」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石作品論集成
著作者等 堀部 功夫
村田 好哉
書名ヨミ ソウセキ サクヒンロン シュウセイ
書名別名 漱石関係記事及び文献

Soseki sakuhinron shusei
巻冊次 別巻
出版元 桜楓社
刊行年月 1991.12
ページ数 315p
大きさ 22cm
ISBN 4273024225
NCID BN07019647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想