わが恋せし淀君

南条範夫 著

淀君こそ史上最高の美女。雑誌編集者の誠之助が大坂城趾で艶麗な姿態を夢想したとたん、石垣は崩れ、彼は慶長十九年の城内にタイムスリップした。洋服姿から切支丹と疑われるが、歴史知識を活用、神の予言者として信頼と人気を集める。そして、ついに憧れの淀君の寝所へ招かれた。だが、彼も歴史を変えることはできなかった…。SF的発想と確かな史眼で、落城の悲劇を軽妙に描く異色の快作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 大阪城のシメオン / 5
  • 美女と武将 / 47
  • 几帳の蔭の淀君 / 87
  • 鎧を着た淀君 / 129
  • 天主閣の千姫 / 171
  • わが恋せし淀君 / 213

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 わが恋せし淀君
著作者等 南条 範夫
古賀 英正
南条 範夫
書名ヨミ ワガ コイセシ ヨドギミ
書名別名 Waga koiseshi yodogimi
出版元 講談社
刊行年月 1958
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4062620456
NCID BA89670211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58009323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想