日本の監獄 : 獄中処遇の実態

佐藤友之 著

獄中の人たちは何を訴えているか、囚われの身の人たちは日々どのように過ごしているか。獄中リポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「孫斗八事件」と獄中の人権
  • 第1章 監獄への入口(最初のチェック
  • 劣悪な獄中食
  • 監獄の中の監獄)
  • 第2章 いまも生きている明治の拷問具(暴力をふるう看守たち
  • 法が認める四つの拷問具
  • 「軽屏禁」という名の懲罰)
  • 第3章 死と直結する医療と労働(獄中医療の実態
  • 塀の中の労働事情)
  • 第4章 監獄に思想の自由はないのか(在監者と知る権利
  • 日記の記述で懲罰
  • 発信されなかった手紙)
  • 第5章 断ち切られる獄外とのつながり(拡大される弁護士との面会制限
  • もっときびしい一般面会
  • 死刑囚の外部交通権
  • 監獄と性)
  • 終章 監獄に人権はないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の監獄 : 獄中処遇の実態
著作者等 佐藤 友之
書名ヨミ ニホン ノ カンゴク
書名別名 Nihon no kangoku
出版元 三一書房
刊行年月 1992.4
ページ数 538p
大きさ 20cm
ISBN 4380922200
NCID BN07453610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想