落花・蜃気楼・霊薬十二神丹

石川淳 著

闊達自在、卓抜典雅な文章で貫ぬかれた揺るぎない批評眼、飛翔する想像力。世相を鋭く風刺し、幻想的世界と現実とが交錯する石川文学中期作品群七篇。-かつて東北の鄙びた温泉場で、俄に腹痛におそわれた<わたし>が、土地に伝わる丸薬でそれを治した話に始まる「霊薬十二神丹」ほか、「落花」「近松」「今はむかし」「蜃気楼」「かくしごと」「狐の生肝」を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落花・蜃気楼・霊薬十二神丹
著作者等 石川 淳
書名ヨミ ラッカ シンキロウ レイヤク ジュウニ シンタン
書名別名 霊薬十二神丹

蜃気楼

Rakka shinkiro reiyaku juni shintan
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.2
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 4061961632
NCID BN0723804X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92025328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想