呪いの紙草履 : 赤かぶ検事シリーズ

和久峻三 著

古来より奥飛騨に伝わる呪殺の紙草履。ある日、その紙草履が家々の軒下に置かれ、村は騒然となった。毎日のように置かれる紙草履に、ついに女性がショック死し、その娘も吊橋から転落死した。赤かぶ検事は、被害者の家の主人が、飛騨・帰雲城の埋蔵金発掘に狂奔していることをつきとめ、事件は意外な方向へ。表題作ほか3編を収録した、大好評シリーズ第2作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪いの紙草履 : 赤かぶ検事シリーズ
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ノロイ ノ カミゾウリ
シリーズ名 光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 1992.2
ページ数 308p
大きさ 16cm
ISBN 4334714757
全国書誌番号
92022327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想