エネルギーの発見

芳賀穣 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • I 誕生のころ
  • 1 にせの王冠-密度の発見- / 3
  • 2 秤とテコ-重さとつりあい- / 9
  • 3 空気も物質である-空虚と空気- / 12
  • 4 重いものほど速く落ちる-古代の運動学- / 16
  • II くつがえる古代の運動学
  • 5 くつがえったアリストテレス説-新しい考えの芽生え- / 19
  • 6 ピサの斜塔での実験-重いものほど速く落ちるか- / 24
  • 7 巧妙なガリレイの実験-落体の法則の発見- / 29
  • 8 『力』とはなにか-慣性の法則の発見- / 33
  • 9 それでも 地球は動く-天動説の打破- / 37
  • III 力学の完成
  • 10 月は落ちている-万有引力の発見- / 41
  • 11 質量が大きいものほど動きにくい-ニュートンの運動法則- / 47
  • IV 『仕事』から『エネルギー』へ
  • 12 不思議だ、だが不思議ではない-永久機関の夢- / 55
  • 13 機械は仕事を生みださない-仕事保存の原理- / 62
  • 14 あちらで増えれば、こちらで減る-仕事とエネルギー- / 67
  • 15 エネルギーの総和は変らない-位置のエネルギーと運動のエネルギー- / 70
  • 16 運動エネルギーのゆくえ-エネルギー保存則の危機- / 74
  • V 真空をめぐって
  • 17 自然は真空がきらいか-トリチェリの真空- / 77
  • 18 気圧が水銀をおしあげる-大気圧の発見- / 80
  • 19 とどめをさされた真空嫌悪説-真空ポンプの発明- / 86
  • VI 温度と熱
  • 20 熱さ、冷たさをはかる-温度計の発明と改良- / 91
  • 21 温度と熱とはちがう-比熱と潜熱の発見- / 94
  • VII 熱の正体をさぐる
  • 22 熱は物質か運動か-機械観が生んだ『熱素説』- / 103
  • 23 馬が湯をわかす-ランフォードの実験- / 107
  • 24 熱の正体をおって-仕事が熱になる- / 111
  • 25 鉄砲が温度を下げる-ダーウィンの実験- / 114
  • 26 蒸気機関の原理-熱が仕事をする- / 118
  • VIII 電気の研究がすすむ
  • 27 電流がとりだされた-ヴォルタの電池- / 121
  • 28 電気と磁気の関係への手がかり-エルステッドの実験- / 129
  • 29 電気を磁気にかえることに成功-電磁石の発見- / 134
  • 30 電池なしで電流がえられる-ファラデーの実験- / 136
  • 31 電気の実用化はじまる-発電機とモーターの発明- / 141
  • IX エネルギー原理の発見
  • 32 熱は仕事に、仕事は熱に-ジュールの研究- / 149
  • 33 マイヤーとヘルムホルツの構想-同法則の同時発見- / 158
  • 34 熱を全部仕事に変えることはできない-第二種永久機関不能の原理- / 165
  • 35 エネルギーの循環-むすびにかえて- / 169
  • 年表
  • 事項さくいん
  • 人名さくいん

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 エネルギーの発見
著作者等 芳賀 穣
書名ヨミ エネルギー ノ ハッケン
シリーズ名 やさしい科学の歴史 ; 2
出版元 筑摩書房
刊行年月 昭和34
ページ数 173p
大きさ 22cm
全国書誌番号
45025579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想