欧米伝統文化の実像 : 「民家」を中心とした生活形態の研究

杉本尚次 著

近代会社を成立させた欧米文化の、伝統的な暮らしや生活の知恵とは?著者は実際の生活が営まれた庶民のすまい「民家」に着目し、300余の野外博物館を探訪。豊富なフィールドワークをもとに、欧米伝統文化の活写を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 失われてゆく伝統文化(庶民文化)をみなおす
  • 第1章 甦る庶民文化-野外博物館の発展
  • 第2章 ヨーロッパ伝統文化の地域性-民家を中心として
  • 第3章 ヨーロッパ野外博物館の探訪-何が保存されているのか
  • 第4章 北アメリカ伝統的庶民文化の地域的特色-民家(住宅)を中心に
  • 第5章 北アメリカ野外博物館の探訪-アメリカ合衆国・カナダ
  • 第6章 甦る伝統文化-欧・米野外博物館の比較を通して
  • 第7章 日本の野外博物館-欧米との若干の比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧米伝統文化の実像 : 「民家」を中心とした生活形態の研究
著作者等 杉本 尚次
書名ヨミ オウベイ デントウ ブンカ ノ ジツゾウ
出版元 PHP研究所
刊行年月 1991.11
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 456953368X
NCID BN07014632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想