自然な療法のほうがガンを治す : アメリカ議会ガン問題調査委員会OTAレポート 食事・栄養・免疫・薬草・心理・行動療法

今村光一 編訳

ガンの非通常療法とは現在"通常の療法"として普通に行われている抗ガン剤、手術、放射線療法といった療法以外の療法のことである。特色を一言でいえば、食事、栄養、免疫、自然な薬物、それに心理、精神療法などで人体の持つ自然な抗ガン抵抗力を強化し、その抵抗力で、ガンを克服しようとする療法である。三年前、アメリカの上下両院議員40名は、連名でOTAに非通常療法のことを調査するための専門プロジェクトを発足させた。発足したOTAのヘルス・プログラムが独自に調査、90年9月に発表されたのが、今回のレポートである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現行のガン療法は間違っている!-"非通常療法"とは何か?
  • 第2章 "非通常療法"へ向けて時代は動いている!-"非通常療法"の中身と実績
  • 第3章 新しいガン療法獲得のために-現行のガン療法に対するOTA提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然な療法のほうがガンを治す : アメリカ議会ガン問題調査委員会OTAレポート 食事・栄養・免疫・薬草・心理・行動療法
著作者等 United States. Congress. Office of Technology Assessment
アメリカ合衆国議会技術評価局
今村 光一
書名ヨミ シゼンナ リョウホウ ノ ホウ ガ ガン オ ナオス
書名別名 Shizenna ryoho no ho ga gan o naosu
シリーズ名 Tokuma books
出版元 徳間書店
刊行年月 1991.5
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4195045541
NCID BN10262235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想