サル学の現在

立花隆 著

人間はどこから来たのか。人間とは何なのか。そもそも人間とはいかなる存在なのか。このような問いに答えようと思ったら、ヒトはサルに学ぶしかない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヒトとサル
  • 1 フィールドの発見
  • 2 ヒトにせまる
  • 3 知られざる社会生態
  • 4 なぜ子殺しか
  • 5 ヒトはどこから来たか
  • 6 分子から見た霊長類進化
  • 終章 サルからヒトへの社会進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サル学の現在
著作者等 久保田 競
今西 錦司
伊沢 紘生
伊谷 純一郎
加納 隆至
室伏 靖子
尾本 恵市
山極 寿一
岡安 直比
川中 健二
杉山 幸丸
村山 美穂
江原 昭善
河合 雅雄
渡辺 毅
石田 英實
立花 隆
竹中 修
西田 利貞
野沢 謙
鈴木 晃
高畑 由起夫
書名ヨミ サルガク ノ ゲンザイ
書名別名 Sarugaku no genzai
出版元 平凡社
刊行年月 1991.8
ページ数 714p
大きさ 23cm
ISBN 4582527124
NCID BN06680027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91066926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想