新しい地理教室 : 日本のいとなみ  3

入江敏夫 等編

[目次]

  • 目次
  • 中部地方(II)
  • 3 北陸地方 / 2
  • 雪国の生活 / 2
  • 日本の米どころ・越後平野 / 4
  • 信濃川とのたたかい / 5
  • 前進する機械化村 / 8
  • むかしからの工業・あれこれ / 13
  • 大陸への門・新潟 / 17
  • 日本最大の島・佐渡 / 20
  • 富山工業地帯 / 23
  • 人絹織物の王国 / 32
  • 内灘 そのいとなみとたたかい / 36
  • 能登半島 そのいとなみと生活 / 40
  • さかんな漆器づくり / 43
  • 生活にくいいる宗教 / 45
  • 出作りの村・白峰 / 46
  • 4 伊豆・箱根・富士-東海地方の東部- / 52
  • 熱海-湯の町で働く人びと- / 52
  • 牛乳の村・丹那盆地 / 56
  • テングサの村・白浜 / 58
  • 富士山 / 63
  • 5 暖かい陽をうけて-東海地方の中央部- / 66
  • 静岡のミカン / 66
  • 日本一の茶どころ / 70
  • 久能山の石がきイチゴ / 77
  • 清水港をめぐって / 80
  • 遠洋漁業の根拠地・焼津 / 82
  • 浜松とその付近 / 84
  • 日本デンマーク地帯 / 88
  • 愛知用水 / 95
  • 6 中京工業地帯-東海地方の西部- / 100
  • 名古屋をめぐって / 101
  • 四日市・刈谷・挙母 / 104
  • いものの町・桑名 / 106
  • 東海陶業地帯 / 110
  • 毛織物王国・尾西 / 118
  • 三河の綿織物 / 120
  • 岐阜・美濃・関 / 126
  • さかんな近郊農業 / 129
  • 日本のお茶づくり / 74
  • 近畿地方
  • 近畿地方 / 138
  • 1 阪神工業地帯 / 142
  • 大阪の発達-町人の町から煙の都へ- / 146
  • 東洋のマンチェスター-けむりの都・大阪- / 149
  • 綿糸・綿織物業 / 162
  • 重工業を中心として / 176
  • 町工場のはなし / 188
  • 阪神地方の軍事基地群 / 198
  • 関西の財界 / 200
  • 2 阪神地方の周辺 / 202
  • 農業のすすんだ地域 / 202
  • 播磨平野と淡路島 / 212
  • 3 歴史のふるい中央部の盆地 / 226
  • 最古のみやこがあった大和地方 / 226
  • 平安京の京都とその付近 / 254
  • 琵琶湖をよこたえる近江盆地 / 274
  • 4 山がちな近畿地方北部 / 285
  • 5 近畿地方南部-山のくらし・海のくらし- / 294
  • 木の国の生産と生活 / 294
  • 海辺のくらし / 309
  • 6 伊勢平野 / 321
  • 産業のめざましい発達のかげに / 152
  • 日本の綿業 / 164
  • 紡績工場の女子労働者 / 168
  • 平炉メーカー / 184
  • 溜池の水をめぐつて / 240
  • 未解放部落 / 250
  • 和歌山の石油工場 / 302
  • あとがき / 323

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい地理教室 : 日本のいとなみ
著作者等 入江 敏夫
北野 道彦
関根 鎮彦
書名ヨミ アタラシイ チリ キョウシツ
書名別名 中部2・近畿

Atarashii chiri kyoshitsu
巻冊次 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 昭和32
ページ数 321p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45024100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中部2・近畿 北野 道彦, 関根 鎮彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想