北大恵迪寮の男たち : 60年安保から三十年

向井承子 著

若者の夢を育んで100年の伝統を誇る北大恵迪寮に入寮した戦後民主主義第1世代。貧しいながらも高邁な理想を抱いた青年たちが直面した60年安保-。時代の巨大なうねりに煽られても崩れぬ夢を懐ろに、世に出た彼らはいかに生きいかに人生を結実させようとしているのか。様々の分野で仕事をする男たちが率直に語る夢の残照。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 都ぞ弥生
  • 共産主義から市民主義者へ
  • イワナを愛してしまった少年
  • 手術をやめた外科医の生き方
  • 鉱山から地底監視人へ
  • 日教組の大勢に抗う教師の煩悩
  • 海の男が陸に上がった時
  • 現代における和裁士の意味
  • 夜のオアシスを演出する男
  • 都会人の心よ体よ平安なれ
  • 金融ビジネスマンと般若心経
  • 花形経済記者の反省録
  • 会社人間になれなかったTVマン
  • エピローグ 北の大地から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北大恵迪寮の男たち : 60年安保から三十年
著作者等 向井 承子
書名ヨミ ホクダイ ケイテキリョウ ノ オトコタチ
出版元 新潮社
刊行年月 1991.7
ページ数 334p
大きさ 20cm
ISBN 4103536020
NCID BN06609871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91054660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想