憲兵

宮崎清隆 著

[目次]

  • 目次
  • 書翰に託して贈る序・畑俊六
  • 序にかへて・三島由紀夫
  • 第一部 大陸に躍る憲兵 / 13
  • 1 憲兵学校 / 13
  • 反戦をアジる憲兵の卵 / 13
  • 憲兵隊から延安へ / 16
  • 私は現役万年一等兵 / 18
  • 2 対中共軍工作 / 20
  • 「暁に祈る」池田曹長 / 20
  • 「声なきに聞き、姿なきを見る」 / 22
  • 野坂参三を追跡して / 24
  • 死刑第一号 / 25
  • 反戦同盟の懐刀 / 27
  • 中共のテロ団暗躍 / 29
  • 3 対重慶無電工作 / 36
  • 妖しき姑娘看護婦 / 36
  • 藍衣社CC団のスパイ / 40
  • 極秘部隊「第六班」とは何か / 44
  • 重慶を信じさせた偽装情報 / 46
  • 死を賭した桃色スパイ工作 / 49
  • 国際謀略の結末 / 56
  • 4 狙われた憲兵隊特務班 / 62
  • 暗殺指令乱れ飛ぶ / 62
  • レールに縛られて / 67
  • 二・二六の小坂曹長 / 73
  • 5 野戦憲兵隊特務班 / 75
  • 「徳田要請」の菅見習士官 / 75
  • 敵遊撃隊長と会見の危機 / 77
  • 「友軍の弾でやられたんだッ!」 / 80
  • 敵中死の彷徨 / 82
  • 6 米軍飛行将校の危難救助 / 84
  • 輸送船上の国際愛 / 84
  • 米軍捕虜を射殺しろ / 93
  • われ全員救助に成功せり / 103
  • 7 「監軍護法」の鬼憲兵 / 111
  • 殺人強姦掠奪部隊 / 111
  • 全軍布告朱家𠦭事件の顚末 / 122
  • 複雑怪奇「児玉機関」の捜査 / 126
  • 〝魂〟を売った下士官 / 128
  • 8 憲兵挺身斬込隊 / 131
  • 十九対三百に勝算あり / 131
  • 備前長船血に染めて / 135
  • 第二部 憲兵最後の日 / 139
  • 1 憲兵是か非か / 139
  • 終戦前夜の流れ星 / 139
  • 自決待った! / 142
  • 「問答無用!」大陸最後の決戦 / 147
  • 2 吹きまくる戦犯旋風 / 152
  • 血痕と白骨と拷問機 / 152
  • 米軍飛行士虐殺事件 / 154
  • 甘粕大尉に出し抜かれた人 / 156
  • 上官服部憲兵中佐を毒殺す / 164
  • 3 漢口野戦病院に綴るロマンス / 170
  • 誰かこの罪に泣く / 170
  • 中国の夢よ、さようなら / 179
  • 4 大陸決死の脱出工作 / 182
  • 生きていた憲兵 / 182
  • 無法な中国戦犯法廷 / 184
  • 憲兵宮崎は死んだ! / 191
  • 5 復讐に彩られたるもの / 195
  • 流転の元憲兵 / 195
  • 傷心の山口淑子 / 196
  • 捜査機関へ密告 / 197
  • 米軍取調官への直言 / 198
  • 「東洋の魔王」は生きている / 202

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 憲兵
著作者等 宮崎 清隆
書名ヨミ ケンペイ
シリーズ名 東京選書
出版元 東京ライフ社
刊行年月 1955
ページ数 202p
大きさ 18cm
NCID BN11688130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55011196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想