恵那峡殺人事件

津村秀介 著

晩秋の木曽川流域、岐阜県・恵那峡で若い人妻が絞殺された。所持品の乗車券から足取りが判明、死亡推定時刻が割り出されたが、殺害動機を持つ被害者の夫は、犯行時、180キロも離れた長野駅前のホテルに現われていた。この事件の第1発見者となった『週刊広場』アルバイトの前野美保から急報を受けた編集部は、名探偵・浦上伸介を現地へ向かわせたが…。アリバイ空間を疾走する中央西線、殺意を運ぶ巧妙なトリックに挑む浦上。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恵那峡殺人事件
著作者等 津村 秀介
書名ヨミ エナキョウ サツジン ジケン
シリーズ名 Tenzan novels
出版元 天山
刊行年月 1991.4
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4803328528
全国書誌番号
91051316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
恵那峡殺人事件 津村 秀介
新宿の標的 津村 秀介
松山の誘拐 津村 秀介
殺意の北上 津村 秀介
真夏の薩摩 津村 秀介
神戸の医師 津村 秀介
虚飾の大阪 津村 秀介
逃亡の広島 津村 秀介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想