人間・文学・歴史

武田泰淳 著

[目次]

  • I
  • 滅亡について / 3
  • 勸善懲惡について / 13
  • 無感覺なボタン-帝銀事件について- / 24
  • 賭の姿勢 / 32
  • 新しき知的士族について-あやまれるインテリ論を駁す- / 38
  • 新興宗敎について / 50
  • L恐怖症患者の獨白 / 52
  • 女について / 58
  • 私 / 63
  • 日本を知らない日本人 / 65
  • 小說家とは何か / 68
  • 作家と作品 / 75
  • 『風媒花』について / 84
  • 宇宙的なるもの / 86
  • 映畫と未來小說 / 95
  • ささやかな感想-戰後作家の並立について- / 103
  • 文學の國際性 / 109
  • 私小說と社會小說 / 112
  • 歷史小說の功罪 / 114
  • 宗敎と文學 / 117
  • 文章政治學 / 120
  • さまざまに發展すべき日本の小說の今後の方向の二三について / 128
  • II
  • 中國の小説と日本の小說 / 149
  • 中國文學と人間學 / 158
  • 魯迅とロマンテイシズム / 169
  • 唐代傳奇小說の技術 / 181
  • 北京の輩に寄するの詩 / 186
  • 『經書の成立』と現實感覺 / 189
  • 杜甫の酒 / 199
  • 賈寶玉とピエール / 205
  • 淫女と豪傑-『金瓶梅』と『水滸傳』- / 210
  • 毛澤東の文章 / 220
  • III
  • 谷崎潤一郞論 / 225
  • 谷崎氏の女性 / 240
  • 井伏鱒二論 / 244
  • 玩物喪志の志-川端康成小論- / 255
  • 作家の狼疾-中島敦『わが西遊記』をよむ- / 260
  • 岡本かの子『生々流轉』 / 268
  • 岡本かの子『女體開顯』 / 274
  • 竹內好『魯迅』 / 278
  • 竹內好譯『魯迅作品集』 / 280
  • 『あつは』と『ぷふい』-埴谷雄高『死靈』について- / 281
  • 大岡昇平『野火』 / 286
  • カミュ『カリギュラ』の成立 / 291
  • IV
  • 酒田の本間家 / 297
  • ラヂオの魔性 / 319
  • 職場のささやき / 331
  • 街の人間玄想
  • 1 闇に立つ人 / 343
  • 2 もの喰ふ女 / 355
  • 信念 / 366
  • E女士の柳-米國留學中の胡適- / 368
  • 閃鑠 / 383
  • 玉璜傳 / 396
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間・文学・歴史
著作者等 武田 泰淳
書名ヨミ ニンゲン ブンガク レキシ
書名別名 Ningen bungaku rekishi
出版元 厚文社
刊行年月 1954
ページ数 413p 図版
大きさ 19cm
NCID BN14670856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54004628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想