律令制祭祀論考

菊地康明 編

本研究では、戦後の古代政治史・社会経済史・朝鮮・中国との国際交流史などの成果を総合的にとり入れながら、律令制神祇祭祀の特質をさらに明確にしようと試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 律令制祭祀の特質
  • 日本古代社会に於ける「幣帛(ミテクラ)」の成立
  • 律令国家と村落祭祀
  • 春日神社と律令官社制
  • 日前・国懸神宮の祭神と古代宮廷
  • 日本古代律令国家と道教的信仰
  • 平安初期の神仏関係-特に護法善神思想と神前読経・神分得度について
  • 律令期直前の祭祀
  • 奈良時代墳墓の構造とその性格
  • 日本の聖水信仰-玉泉受容具といての鏡・容器としての玉坏・縁釉陶器・青磁について
  • 律令期祭祀遺物集成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令制祭祀論考
著作者等 中井 真孝
和田 萃
岡本 明郎
岡田 精司
松前 健
椙山 林継
矢野 建一
菊地 康明
西宮 秀紀
金子 裕之
黒崎 直
望月 明彦
書名ヨミ リツリョウセイ サイシ ロンコウ
書名別名 Ritsuryosei saishi ronko
出版元 塙書房
刊行年月 1991.2
ページ数 604, 1p
大きさ 22cm
ISBN 4827310815
NCID BN06122720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想