新しい世界秩序とアジア : シンポジウム

岩波書店編集部 編

90年代のアジアはどこへ…。さまざまな矛盾と問題をかかえつつ、ゆたかな伝統と多様な民族文化をもつアジアは、激動する現代世界の中で、どのようにして自立し発展していくことができるだろうか。日本はどのような役割をはたすべきか。国際政治・経済・文化人類学の各分野のリーダーが、率直かつ活発な議論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 アジアの現在・90年代の展望(日本外交の性質を改める
  • アジアの不安定要素
  • 90年代のアジアを予測する
  • ふたつの顔をもつアジア
  • 「国家」の迷妄をこえられるか
  • いかに「協力」すべきか)
  • 2部 アジアの可能性と日本の役割(モデルとしての戦後日本
  • アジアの多様性を生かす
  • 「福田ドクトリン」
  • 中産階級文化に注目する
  • 競争から協調へ
  • 人口・成長・環境問題
  • アジアの環境問題と日本
  • 日本の援助-その実態
  • あるべきODAをめぐって
  • アジア経済を展開する
  • 日本人のアジア観-その欠陥
  • アジアからの労働者
  • 歴史認識を深める
  • 東アジア連合
  • 連帯への条件
  • 「共通の家」を求めて)
  • 3部 変化の構造とアジアの将来(国際環境の変化と新しい世界秩序
  • アジアの可能性と課題
  • 日本の位置と役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい世界秩序とアジア : シンポジウム
著作者等 岩波書店
岩波書店編集部
書名ヨミ アタラシイ セカイ チツジョ ト アジア : シンポジウム
シリーズ名 同時代ライブラリー 64
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.4
ページ数 237p
大きさ 16cm
ISBN 4002600645
NCID BN06175975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91040685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想