学習日本風土記  6

相沢光朗 等絵

[目次]

  • 目次
  • 地理編
  • 絵地図 / 12
  • (総説)中国・四国の土地と人 / 14
  • あの島この島(瀬戸内海の生活)
  • 別子と新居浜
  • 瀬戸内海の塩づくり(自然を征服した製塩技術)
  • 吉野川にそって
  • 二度とれるお米(土佐の二期作)
  • 色とりどりの農業(いぐさづくりの村々)
  • 干拓地の機械化農業(興除村と藤田村)
  • 厳島(日本三景の一つ) / 71
  • 秋吉台(自然のいたずら)
  • 山陰の米どころ(出雲平野)
  • 砂丘との戦い(鳥取砂丘の開発)
  • 歴史編
  • 絵年表 / 90
  • (総説)中国・四国の歴史の流れ / 92
  • 出雲と吉備 / 102
  • 藤原純友の乱 / 108
  • 遠島の人々 / 113
  • 源平の戦い / 120
  • 瀬戸内海の海賊 / 128
  • 名君と賢者 / 132
  • 長州藩の働き / 138
  • 日清戦争のころ / 148
  • 平和へのいのり / 155
  • 民話編
  • (総説)中国・四国の民話について / 162
  • あわのお姫さま(島根) / 166
  • たからのげた(岡山) / 171
  • うり子姫とあまのじゃく(鳥取) / 177
  • 山の神さまのくり林(広島) / 183
  • 三万三千三百三十三億つぶのかしの実(山口) / 187
  • さる地蔵(香川) / 192
  • 黄金のにわとり(徳島) / 196
  • 田能久(愛媛) / 201
  • ほらふき童子(高知) / 206
  • 伝記編
  • 不滅の画家 雪舟 / 212
  • 通り谷トンネルの父 安藤伊左衛門 / 219
  • 宇品港の恩人 千田貞暁 / 226
  • 明治の大政治家 伊藤博文 / 232
  • いも代官 井戸平左衛門 / 240
  • 科学の種まいた 平賀源内 / 246
  • さとうの話 丸山徳弥 / 254
  • 植物とともに 牧野富太郎 / 260
  • 水稲二期作の父 吉川類次 / 267
  • 法を守った人 児島惟謙 / 274

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 学習日本風土記
著作者等 森末 義彰
相沢 光朗
書名ヨミ ガクシュウ ニホン フドキ
書名別名 中国・四国編

Gakushu nihon fudoki
巻冊次 6
出版元 講談社
刊行年月 昭和34
ページ数 280p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45024114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中国・四国編 森末 義彰
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想