シリア

フィリップ・K.ヒッティ 著 ; 小玉新次郎 訳

ヨーロッパ、アジア、アフリカの三大陸を結ぶ要衝の地に位置し、東西文明の中継地として多くの文化遺産を残したシリア。アルファベットを生み、ユダヤ教、キリスト教を創り出し、イスラム教の成立と発展を促し、更に、東はインド西はスペインに至るローマ帝国を凌ぐウマイヤ朝を誕生させ、華麗なるイスラム文化を開花させた…。中東が世界の中心であった古代から現代まで、波瀾にみちたアラブ民族五千年の興亡を描く。混迷する中東を根源から知る、格好のアラブ史入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史上の位置
  • 地形と気候
  • 先史時代
  • 古代セム人
  • ヘレニズム時代
  • ローマ人とセム人
  • ビザンテイン人とアラブ人
  • イスラム教徒の征服
  • ダマスカスの栄華
  • ウマイヤ朝治下の生活
  • アッバース朝の属州
  • 小王朝の時代
  • ファーティマ朝とセルジューク朝の下で
  • 十字軍
  • アイユーブ朝とマムルーク朝
  • オスマン朝トルコの属州
  • 知性と民族主義の振興
  • 戦争、圧制、疫病、フランスの委任統治下で
  • 独立共和国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリア
著作者等 Hitti, Philip Khuri
小玉 新次郎
ヒッティ フィリップ・フーリ
書名ヨミ シリア
書名別名 Syria

東西文明の十字路
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.2
ページ数 380p
大きさ 16cm
ISBN 4122017858
NCID BN0612042X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想