「苦闘」ペレストロイカ : 改革者たちの希望と焦り

世界日報外報部 訳・編

彼らは今、はじめて語り始めた。西側には明せなかったゴルバチョフ革命指導者たちの苦悩。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 岐路に立つペレストロイカ(歴史的負の遺産「敵探し症候群」
  • 岐路にさしかかったペレストロイカ
  • 大統領会議の性格
  • 大統領制度のゆくえ
  • 「新思考」外交の基本
  • 新しいソ連経済の公式
  • 「エリツィン現象」論
  • エリツィンの「要求」
  • ソ連思想史の清算のために)
  • 第2部 ソ連外交の基本的立場(日米安保に対するソ連の見方
  • 北方領土問題に対するソ連の見解
  • 対韓半島政策の展望
  • 北朝鮮に対するソ連の基本的立場
  • ソ中関係の行方
  • 統一欧州とソ連の利益)
  • 第3部 ソ連経済と市民生活に明日は有るか(経済再建に必要な「イデオロギーの批判的再考」
  • 明日では遅い「信頼を勝ち得た政府」の樹立
  • ソ連経済と東西ドイツ経済
  • 初の新党「自由民主党」の誕生
  • "新しいKGB"の役割を問う
  • 急進改革派モスクワ市政と「悪弊」との闘い
  • モスクワ市民の生活と経済活性化の道
  • 価格改革の断行と問題点
  • ソ連版マーシャル・プランの可能性
  • ハイテク産業の実態
  • 急がれる住宅制度の有料化政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「苦闘」ペレストロイカ : 改革者たちの希望と焦り
著作者等 世界日報社
エリツィン
シェワルナゼ
プリマコフ
ポポフ
ロガチョフ
世界日報外報部
ヤコブレフ
書名ヨミ クトウ ペレストロイカ
出版元 世界日報社
刊行年月 1990.10
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 4882010399
NCID BN05857834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想