小林多喜二全集  第5巻

小林多喜二全集編集委員会 編

[目次]

  • 第五巻
  • 目次
  • 沼尻村 / 5
  • 党生活者 / 93
  • 地区の人々 / 191
  • 小品・小説
  • 呪われた人 / 256
  • 病院の窓 / 258
  • 電燈の下で / 262
  • 石と砂 / 265
  • 晩春の新開地 / 272
  • 生れ出ずる子ら(一) / 279
  • 生れ出ずる子ら(二) / 290
  • 生れ出ずる子ら(三) / 301
  • 暴風雨もよい / 323
  • 竜介と乞食 / 334
  • 姉妹 / 346
  • ひる!! / 359
  • 断稿 / 365
  • 評論
  • 右翼的偏向の諸問題 / 387
  • 第五回大会を前にして / 401
  • 暴圧の意義及びそれに対する逆襲を我々は如何に組織すべきか / 409
  • 「政治的明確性」の把握の問題に寄せて / 425
  • 八月一日に準備せよ! / 448
  • 闘争宣言 / 468
  • 霜夜の感想 / 482
  • 編集余録 / 485
  • 疑惑と開拓 / 486
  • 歴史的革命と芸術 / 498
  • 編集余録 / 502
  • リズムの問題 / 510
  • 自序 / 517
  • 修身とサウシアリズム / 522
  • 「クラルテ」同人雑記 / 526
  • 「生れ出ずる子ら」について / 530
  • 「下女」と「循環小数」 / 533
  • シェクスピアよりも先ずマルクスを / 535
  • 朝野十二氏へ / 536
  • 頭脳の相違 / 537
  • 大熊信行先生の「社会思想家としてのラスキンとモリス」 / 538
  • 「女囚徒」の自序 / 539
  • 十三の南京玉 / 540
  • 築地小劇場来る / 546
  • チャップリンのこと / 548
  • 「海戦」を中心の雑談 / 551
  • 政治と芸術の「交互作用」 / 556
  • 自分の中の会話 / 562
  • 海員は何を読まなければならないか / 564
  • 「寄らば切るぞ!」 / 567
  • 私の顔 / 569
  • 宗教の「急所」はどこにあるか / 570
  • 「シナリオ」の武装 / 576
  • 良き教師 / 579
  • 「一九二八年三月十五日」 / 579
  • コースの変遷 / 583
  • 海員 / 584
  • 覚え書 / 592
  • 小説・書簡補遺
  • 防雪林(改作) / 600
  • 書簡補遺 / 612
  • 解題 / 617
  • 解題補遺 / 658
  • 年表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小林多喜二全集
著作者等 小林 多喜二
小林多喜二全集編集委員会
書名ヨミ コバヤシ タキジ ゼンシュウ
巻冊次 第5巻
出版元 青木書店
刊行年月 1959
ページ数 662, 18p 図版
大きさ 16cm
全国書誌番号
55002797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想