消費資本主義論 : 変容するシステムと欲望のゆくえ

芹沢俊介 編

銀行、M&A、コンビニ、子ども、地価都市、システム住宅、パトロネージ消費、自民党、クスリ、宮崎事件、クルマ、カラオケ、アイドルなどの具体的なモノとコトの分析をつうじて、肥大する欲望と身体感覚の変容のあとをたどり、われわれがどのような社会に生きているのかを浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新しい貨幣の出現を讃えて
  • 境界としての銀行
  • M&Aの現象論-相対的価値の彼方へ
  • コンビニエンス・ストア論-来店者を挑発する活性化の構造
  • 学校と子ども-消費をめぐる攻防
  • <地価都市>論-戦後家族の位相をめぐって
  • 変容するシステムとしての住まい
  • 他者の幸福のための消費
  • ビジネス書を読む-予測の需要と可能性
  • 現代サラリーマン事情-「女」からみた
  • 自民党と派閥-その政治経済学
  • 変容する世界と薬物
  • 宮崎勤事件-高度資本主義社会における身体感覚の変容
  • クルマ走行論-スピードを観点に
  • 歌の"解体"とカラオケ
  • アイドル論-未知な現在のハイ・イメージ・アイドル
  • 「花博」論-自然のファシズム文明の爛熟か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費資本主義論 : 変容するシステムと欲望のゆくえ
著作者等 芹沢 俊介
書名ヨミ ショウヒ シホン シュギロン
書名別名 Shohi shihon shugiron
出版元 新曜社
刊行年月 1991.4
ページ数 284p
大きさ 21cm
ISBN 4788503891
NCID BN0616676X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想