銀河にひそむモンスター

福江純 著

銀河の中心には巨大なモンスターがいる。静寂そのもののような星空の彼方で、いまもモンスターは星を食らいガスを呑み込んで宇宙を壊わしまくっているという。その悪行の証拠は、光で、電波で、X線でさまざまに挙げられ、セイファート、ライナー、ブレーザー、クェーサーなどという大エネルギーを発している銀河の奥底深くには何者かがひそんでいることがわかってきたのだ。それこそがモンスターか?しかし、モンスターの素顔は謎に包まれている。正体は何か。宇宙の最後の謎、超巨大ブラックホールか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プロローグ-活動銀河
  • 2 天空から見おろす二つ目玉-電波でみる宇宙
  • 3 クェーサーの正体-発見・解明・そして新たな謎
  • 4 すべての道はブラックホールへいたる-銀河重力発電所
  • 5 インタルード-ブラックホールの種類
  • 6 電波ふたたび-大規模干渉計の時代
  • 7 セイファートの二つの顔-スペクトルは語る
  • 8 大気圏はるかに-X線衛星の活躍
  • 9 ザ・モンスター-銀河ブラックホールと降着円盤
  • 10 エピローグ-銀河ブラックホールの彼方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀河にひそむモンスター
著作者等 福江 純
書名ヨミ ギンガ ニ ヒソム モンスター
書名別名 Ginga ni hisomu monsuta
シリーズ名 New science age 42
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.3
ページ数 143p
大きさ 19cm
ISBN 4000074024
NCID BN06044547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想