或日の大石内蔵之助・枯野抄 : 他十二篇

芥川竜之介 作

志をとげた後の大石の微妙な心の動きを分析し、忠義とか仇討ちへの賛美を静かに批判した表題作。芭蕉の死の床での弟子たちの感慨に托して、芥川に深い人格的影響を与えた漱石の、臨終をめぐる門弟たちの心理的反応を描く「枯野抄」。本書には、主として題材を江戸から幕末・明治初期にもとめた14篇を選び収めた。

「BOOKデータベース」より

志をとげた後の大石の微妙な心の動きを分析し、忠義とか仇討ちへの賛美を静かに批判した表題作。芭蕉の死の床での弟子たちの感慨に托して、芥川に深い人格的影響を与えた漱石の、臨終をめぐる門弟たちの心理的反応を描く「枯野抄」。本書には、主として題材を江戸から幕末・明治初期にもとめた14篇を選び収めた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 或日の大石内蔵之助・枯野抄 : 他十二篇
著作者等 芥川 竜之介
書名ヨミ アルヒ ノ オオイシ クラノスケ カレノショウ
書名別名 枯野抄

Aruhi no ooishi kuranosuke karenosho
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.2
ページ数 287p
大きさ 15cm
ISBN 4003107098
NCID BN05910653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想