大庭みな子全集  第5巻

大庭 みな子【著】

昭和20年8月6日の広島を基点として、戦後の日本人の精神の殿堂を構築した、大庭文学の核をなす長篇大作『浦島草』を収録。人間の欲望への深い洞察と、現代文明のゆくえを鋭い批評眼で見据えた"精神の自伝"。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大庭みな子全集
著作者等 大庭 みな子
書名ヨミ オオバ ミナコ ゼンシュウ
巻冊次 第5巻
出版元 講談社
刊行年月 1991.2
ページ数 405p
大きさ 21cm
ISBN 4061917153
NCID BN05791430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
どんぐり 大庭 みな子
オレゴン夢十夜 大庭 みな子
オーロラと猫 大庭 みな子
トティラワティ・チトラワシタ 大庭 みな子
トーテムの浜辺 大庭 みな子
三面川 大庭 みな子
大足 大庭 みな子
山姥の微笑 大庭 みな子
帽子 大庭 みな子
幽霊たちの復活祭 大庭 みな子
投書 大庭 みな子
桟橋にて 大庭 みな子
楊梅洞物語 大庭 みな子
構図のない絵 大庭 みな子
海にゆらぐ糸 大庭 みな子
海の底 大庭 みな子
淡交 大庭 みな子
火の女 大庭 みな子
火草 大庭 みな子
烏賊ともじずり 大庭 みな子
王女の涙 大庭 みな子
白い風 大庭 みな子
白い鳥 大庭 みな子
白頭鷲 大庭 みな子
笑う魚 大庭 みな子
第10巻: 詩・戯曲・エッセイ・小品 大庭 みな子
第1巻: 三匹の蟹 大庭 みな子
第2巻: ふなくい虫 大庭 みな子
第3巻: 栂の夢 大庭 みな子
第4巻: がらくた博物館 大庭 みな子
第5巻: 浦島草 大庭 みな子
第6巻: 霧の旅 大庭 みな子
第7巻: 寂兮寥兮 大庭 みな子
第8巻: 舞へ舞へ蝸牛 大庭 みな子
第9巻: 啼く鳥の 大庭 みな子
紅茶 大庭 みな子
結婚式 大庭 みな子
芍薬の家 大庭 みな子
荒神沼心中 大庭 みな子
蒼い花 大庭 みな子
虹と浮橋 大庭 みな子
蚤の市 大庭 みな子
詩集 錆びた言葉(抄) 大庭 みな子
大庭 みな子
釣りともだち 大庭 みな子
青い狐 大庭 みな子
首のない鹿 大庭 みな子
魚の泪 大庭 みな子
鳥の歌 大庭 みな子
大庭 みな子
黒衣の人 大庭 みな子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想