市町村名変遷辞典

地名情報資料室 編 ; 楠原佑介 責任編集

明治22年(1889)、わが国の近代的地方自治制度として、市町村制が施行されてから100年が過ぎた。この1世紀の地方自治制度の歩みを特徴づけるのは、主として"財政力強化"の名のもとに数次にわたって採用された合併促進政策であった。市制町村制施行直前に7万余を数えた町村数は、今日では20分の1以下の3,200余市町村に集約された。本書は、この間に誕生し消滅したすべての市町村名について、施行・合併(合体)・編入・分離・分割・境界変更など、その全履歴を網羅した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市町村名変遷辞典
著作者等 地名情報資料室
楠原 佑介
書名ヨミ シチョウソンメイ ヘンセン ジテン
出版元 東京堂
刊行年月 1990.9
ページ数 864, 86p
大きさ 23cm
ISBN 4490102801
NCID BN05330777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想