語る身体のスキャンダル : ドン・ジュアンとオースティンあるいは二言語による誘惑

S.フェルマン 著 ; 立川健二 訳

文学、哲学、言語学、精神分析の交差点で誘惑=約束をめぐり展開される。<語る身体>のパフォーマンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 約束する動物
  • 1 言語学と言語哲学のあいだで-約束の理論、理論の約束
  • 2 約束の倒錯-ドン・ジュアンと文学のパフォーマンス
  • 3 行為遂行的発言のスキャンダル
  • 4 認識と歓楽 あるいは哲学者のパフォーマンス(精神分析と行為遂行論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語る身体のスキャンダル : ドン・ジュアンとオースティンあるいは二言語による誘惑
著作者等 Felman, Shoshana
立川 健二
フェルマン ショシャナ
書名ヨミ カタル シンタイ ノ スキャンダル
書名別名 Le scandale du corps parlant
出版元 勁草書房
刊行年月 1991.1
ページ数 262, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4326152435
NCID BN05852229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91025391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想