ことばと文学と文化と : 安藤貞雄博士退官記念論文集

沢田治美 ほか編

この本の情報

書名 ことばと文学と文化と : 安藤貞雄博士退官記念論文集
著作者等 Rinnert, Carol
上杉 文世
中村 裕英
中野 弘三
伊藤 詔子
入江 啓太郎
坂本 公延
天野 政千代
安藤 貞雄
山田 昭広
岩倉 国浩
春田 節子
松浦 正義
林 哲郎
樋口 昌幸
永嶋 大典
沢田 治美
福安 勝則
福澤 清
豊田 昌倫
鈴木 誠一
高橋 規矩
田中 実
久屋 孝夫
書名ヨミ コトバ ト ブンガク ト ブンカ ト
出版元 英潮社新社
刊行年月 1990.11
ページ数 509p
大きさ 22cm
ISBN 4268000097
NCID BN05722777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91024035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
'He is being serious' 型進行形について 入江 啓太郎
A note on Thomas Creede's device : McKerrow Akihiro Yamada
Actions and the verbs which identify them : a study in aristotelian linguistics Peter Goldsbury
American Gothicの変容 : BrownからPoeへ 伊藤 詔子
Antipodean attitudes in orthology Robert D. Eagleson
Apologia pro Vita Sua : ある言語学徒の遍歴の軌跡 安藤 貞雄
Chaucer and "Courtly love" Setsuko Haruta
Heidegger and deconstruction Michael Lazarin
Impersonal constructions in Chaucer's English Masayuki Higuchi
Likeの語用論 田中実
Middle voice and reflexive voice Kiyoshi Fukuzawa
Notes on the notion "Narrative" William O. Hendricks
On the applicability of predicate restructuring Masaki Sano
Shelly慨嘆の詩 "To Edward Williams" 高橋 規矩
Sweetの科学的音声論 : 序説 林 哲郎
The binding theory and anaphors Kunihiro, Iwakura
The transitive there construction and parameters Tatsuhiko Toda
Time adverbials in the English past perfect Harumi Sawada
Two cases of detransitivization in contrast : tense/mood-based differentiation between nan-verbs and passives in Gothic Seiichi, Suzuki
Understanding prepositional meaning through metaphor Rinnert, Carol
ことばと文化 : アメリカ英語文化の研究 山田政美
エスノスピークの構造と生成 : 英語の自民族中心主義 久屋孝夫
フォルスタフとヘンリー四世 中村 裕英
マーロウの言語における伝統と創造の一面 : チョーサーとの比較 松浦 正義
京都外国語大学S.Johnson Collection目録 永嶋 大典
人間の広義の言語能力について 三宅鴻
口語英語における反復 : その記述と分析法をめぐって 豊田昌倫
古典の殿堂 : バイロンのトリニティ・カレッジ 上杉 文世
接続副詞Ratherと否定 福安 勝則
文学における樹のイメージ : 月桂樹と林檎の場合 坂本 公延
日本人とことば : 鍵概念による分析的考察 荒木博之
英語の内在格に関する通時的・共時的考察 天野 政千代
言語と知覚と思考 : その虚と実 佐々木みゆき, 山田純
認識的法性の由来 : 発話の意味構造に基づく分析 中野 弘三
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想