宮城昇教授還暦記念論文集

東京スペイン語学研究会 編

この本の情報

書名 宮城昇教授還暦記念論文集
著作者等 宮城 昇
東京スペイン語学研究会
書名ヨミ ミヤギ ノボル キョウジュ カンレキ キネン ロンブンシュウ
出版元 東京スペイン語学研究会
刊行年月 1982.2
ページ数 465p
大きさ 22cm
NCID BN11556967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91024039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Andalucía地方における方言分化の考察 岩田圭子
Cantar de mio Çidにおける現在完了形の用法 山村ひろみ
Contextoと冠詞について 佐藤玖美子
SE統一説と分裂説 寺崎英樹
Serとestarの機能分化の歴史 江藤一郎
Volverとregresarの差 高橋覚二
「ラ・セレスティーナ」のラティニスモと教会 吉田敦子
いわゆる「無人称文」について 塩田洋子
なぜアラビア語sinはスペイン語sに対応しなかったか 布施温
スペイン語と日本語の母音の比較研究 倉重範子
スペイン語における「知覚感覚動詞」の統語構造について 秋山紀一
スペイン語における子音群の単純化について 阿部三男
スペイン語における第二強勢の有無について 小泉晶子
スペイン語における節結合と反転返語の相互関係についての2〜3の考察 当作靖彦
スペイン語の副詞が修飾するもの 片岡喜代子
スペイン語の示小接尾辞(-ito,-illo)について 伊藤文雄
スペイン語の関係代名詞に関する一考察 保川亜矢子
スペイン語アスペクト考 中山直次
スペイン語代名詞の重複構文について 堀田英夫
スペイン語形態論 原誠
中南米のスペイン語における子音の発達の実態 杉田智子
動詞との関係における主語の位置 柴若佐枝
対格・与格形式における揺れ 渡辺節子
西語動詞活用の7基本形 上田博人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想