モスクワを遠くはなれて  第1巻

ヴァ・アジャーエフ 著 ; 黒田辰男, 鹿島保夫 共訳

[目次]

  • 目次
  • (第一部)
  • 第一章 さらば、モスクワ! / 4
  • 第二章 新任地で / 10
  • 第三章 給油管が戰爭にとつて必要であらうか? / 22
  • 第四章 すべての者が、立去りたいと望んでいる / 36
  • 第五章 遺產はうけ繼がれた / 57
  • 第六章 冬が來た / 66
  • 第七章 どのようにかれらは、任務を分け合つたか? / 75
  • 第八章 豫定線の使者 / 95
  • 第九章 スタート / 111
  • 第十章 客をもてなす家 / 128
  • 第十一章 古い過失について / 147
  • 第十二章 ウマーラ・マゴメットは豫定線に急行する / 159
  • 第十三章 十一月七日の朝 / 182
  • 第十四章 十一月七日の朝と晩 / 210
  • 第十五章 夜半過ぎに / 248
  • あとがき / 273

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 モスクワを遠くはなれて
著作者等 Azhaev, Vasilii Nikolaevich
鹿島 保夫
黒田 辰男
ヴァ・アジャーエフ
書名ヨミ モスクワ オ トオク ハナレテ
書名別名 Mosukuwa o tooku hanarete
巻冊次 第1巻
出版元 創芸社
刊行年月 1951
ページ数 278p
大きさ 19cm
全国書誌番号
51007344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想