大西洋横断一番乗り

アンダーソン 著 ; 保永貞夫 訳 ; 鈴木登良次 絵リンドバーク 著 ; 保永貞夫 訳 ; 鈴木登良次 絵

[目次]

  • もくじ
  • ノーチラス号北極潜航記
  • 日光作戦を開始せよ
  • 二つの秘密命令 / 11
  • 出航準備完了 / 14
  • ある日、電話がなった / 16
  • リッコーバー提督 / 20
  • 潜水艦乗りになろう / 23
  • ノーチラス号進水 / 29
  • 艦長を命ず / 33
  • ノーチラス号の誇り / 36
  • 北極をめざして
  • 北極への道は遠い / 41
  • ウィルキンスの北極潜航 / 46
  • 総員につぐ、目的地は? / 49
  • 潜航第一日 / 53
  • あらしのまえぶれ / 57
  • いよいよ氷海に / 60
  • ただいま北緯六十八度 / 64
  • 涙をのんで退却 / 67
  • われら、極点にあり
  • 真珠湾からでなおしだ / 71
  • 航海長、アラスカに飛ぶ / 74
  • ふたたび北へむかって / 77
  • ベルヌの夢の二倍を / 80
  • 太陽はノーチラス号を照らす / 87
  • 偉大なしゅんかん / 95
  • 北極パーティーひらく / 98
  • 「ノーチラス号北緯九十度」 / 102
  • 大西洋横断一番乗り
  • 大空への決意
  • 空を飛ぶばか / 111
  • ねむらなければ / 114
  • 少年時代 / 118
  • はじめて飛行機を見た / 122
  • ネブラスカ風の中で / 125
  • 旅から旅へ / 128
  • パイロットへの道
  • ひとりで飛んだぞ / 133
  • 五ドルの客のせ飛行 / 137
  • 一つのチャンス / 141
  • ゆかいな南部旅行 / 145
  • 夢は大西洋横断へ
  • 飛行士官候補生 / 150
  • 首席で卒業 / 155
  • 霧の中の郵便飛行 / 159
  • 月夜の大きな決心 / 163
  • セントルイスの魂
  • 資金はたった三千ドル / 166
  • 強敵あらわれる / 170
  • 信じあう心 / 175
  • 飛ぶならいまだ! / 178
  • 雨の中の離陸 / 182
  • 翼よ、あれがパリだ
  • ぼくはもう一人まえだ / 186
  • おそってくるねむけ / 190
  • 朝よ、早くこい / 193
  • さあ、勇気をだせ / 196
  • <われら>は飛ぶ / 199
  • ついに着陸 / 203
  • 解説
  • (1) 原子力潜水艦について・科学評論家 日下実男 / 208
  • (2) 飛行機の発達と大西洋横断飛行・日本大学教授 木村秀政 / 215

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大西洋横断一番乗り
著作者等 Anderson, William R
Lindbergh, Charles Augustus
保永 貞夫
鈴木 登良次
リンドバーク 著
保永貞夫 訳
アンダーソン 著
書名ヨミ ノーチラスゴウ ホッキョク センコウキ
シリーズ名 少年少女世界のノンフィクション ; 9
出版元 偕成社
刊行年月 昭和40
ページ数 220p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45020569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想