コンピュータ物理の世界 : 三体問題からカオス、ソリトンまで

神原武志 他著

本書では、コンピュータ物理の発見が新しいパラダイムを開いた例として、カオスとソリトンなどを、物理学の従来の常識をくつがえした例として、熱の均一化と液体が冷えて固まるメカニズムなどを紹介した。そしていま、この新しい学問が何を問らかにしようとしているのか、その最前線をわかりやすく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シミュレーション時代
  • 第2章 第3の物理学の誕生
  • 第3章 物理学にコンピュータはなぜ必要か
  • 第4章 コンピュータ物理の現況-どうつかわれ、何がわかったか
  • 第5章 コンピュータ物理の最前線
  • 付録(シミュレーションの方法
  • パソミンでできるプログラム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンピュータ物理の世界 : 三体問題からカオス、ソリトンまで
著作者等 神原 武志
内藤 正美
渕上 信子
佐々木 直幸
書名ヨミ コンピュータ ブツリ ノ セカイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.1
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4061328492
NCID BN05725221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91017897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想