倫理から宗教へ

高橋亘 著

[目次]

  • 1 罪と死について
  • 2 恩寵と選択意志について
  • 3 宗教と倫理との関係-アウグスティヌス、ルター、エラスムスの場合
  • 4 神秘主義について
  • 5 アウグスティヌスの三位一体論覚え書
  • 6 トマス・アクィナスの三位一体論覚え書
  • 7 ボナヴェントゥーラの三位一体論覚え書
  • 8 ダンテの終末観-ダンテとフィオラのヨアキム
  • 9 ゲーテの宗教性
  • 10 トルストイにおける死の問題
  • 11 ドストエフスキーの中心思想
  • 12 西田幾多郎の初期の思想-一つの「生の哲学」として
  • 13 西田幾多郎における東洋的なるものと西洋的なるもの
  • 14 キリスト教と日本仏教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倫理から宗教へ
著作者等 高橋 亘
書名ヨミ リンリ カラ シュウキョウ エ
シリーズ名 キリスト教歴史双書 5
出版元 南窓社
刊行年月 1990.11
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4816500413
NCID BN05668660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想