大導寺信輔の半生・手巾・湖南の扇 : 他12篇

芥川竜之介 作

自伝的色彩の濃い「大導寺信輔の半生」、狂人であった生母を描く「点鬼薄」等、芥川をより人間的に身近に感じさせる作品を中心に15篇を収めた。

「BOOKデータベース」より

芥川(1892‐1927)は技巧を凝らした歴史小説によって名をなしたが、次第に具体的な現実に関心を移し、深い自己省察に満ちた独特の"私"小説的作品を書きはじめる。自伝的色彩の濃い「大導寺信輔の半生」、狂人であった生母を描く「点鬼簿」等、芥川をより人間的に身近に感じさせる作品を中心に15篇を収めた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大導寺信輔の半生・手巾・湖南の扇 : 他12篇
著作者等 芥川 竜之介
書名ヨミ ダイドウジ シンスケ ノ ハンセイ ハンケチ コナン ノ オウギ
書名別名 湖南の扇

手巾

Daidoji shinsuke no hansei hankechi konan no ogi
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.10
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 400310708X
NCID BN05376712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91008629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想