民族の世界史  9

二宮 宏之【著】

国家と時代の枠組をこえていま人類史の新地平を拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヨーロッパの深層へ
  • 第1部 伝統文化の構造(ヨーロッパの家
  • 揺籃から墓場まで-人生の諸段階と通過儀礼
  • 『ティル・オイレンシュピーゲル』を読む-伝統的心性
  • 農民の世界-彩飾写本にみる農村生活
  • 都市民の世界-公証人文書にみる中世都市ピサ)
  • 第2部 伝統と近代(「善き野蛮人」から「野生の思考」へ-"未開"社会とヨーロッパの意識
  • マルタン・ナドの世界-近代における個の自立と共同性
  • シチリア民族の一体性神話
  • イギリス皇太子の結婚式と都市暴動-複合社会と儀礼の象徴機能
  • 差別意識と民族-「ナシオン」の解体
  • ヨーロッパを読み直す-方法としての民族)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族の世界史
著作者等 三好 洋子
二宮 宏之
北原 敦
喜安 朗
宮島 喬
川田 順造
木村 尚三郎
清水 廣一郎
蔵持 不三也
近藤 和彦
阿部 謹也
書名ヨミ ミンゾク ノ セカイシ
書名別名 深層のヨーロッパ
巻冊次 9
出版元 山川出版社
刊行年月 1990.10
ページ数 438, 27p
大きさ 20cm
ISBN 4634440903
NCID BN05401751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91004193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
深層のヨーロッパ 二宮 宏之
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想