グレゴリオ聖歌の歌い方 : ソレム楽派による

テ・ラローシュ 著 ; 岳野慶作 訳

グレゴリオ聖歌は、ローマ典礼聖歌として中世に起こり、今日まで継承されている。その中心地ソレム修道院で生まれたソレム楽派による歌い方のすべてを網羅した画期的な書。神学校、修道者養成所、教会聖歌隊の教科書に最適な文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グレゴリオ聖歌の性質と目的
  • 歌詞
  • 音階
  • 歌い方
  • グレゴリオ聖歌の速度
  • メロディー
  • 詩篇詠唱法
  • 典礼読唱法
  • 小節
  • リズム
  • リズムと小節との相違点
  • 切分法
  • 和声とリズム
  • 音程練習
  • グレゴリオ聖歌の指輝法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グレゴリオ聖歌の歌い方 : ソレム楽派による
著作者等 Laroche, Th
岳野 慶作
テ・ラローシュ
書名ヨミ グレゴリオ セイカ ノ ウタイカタ
書名別名 Principes traditionnels d'exécution du chant grégorien d'après l'école de Solesmes
出版元 音楽之友社
刊行年月 1990.7
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4276142571
NCID BN05333163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90056351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想