人間毛沢東 : 最後の護衛長・李銀橋は語る

李銀橋 述 ; 権延赤 著 ; 田口佐紀子 訳

頑固で気まぐれ、時にはカンシャクを起こし雷のようにほえ、芝居に引きこまれ声を出して泣く…。初めて明かされたその素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 毛沢東の"田舎くささ"
  • 2 毛沢東の涙
  • 3 毛沢東の怒り
  • 4 毛沢東のユーモア
  • 5 毛沢東が死に直面したとき
  • 6 毛沢東の一番好きなもの、嫌いなもの
  • 7 毛沢東の対人関係
  • 8 毛沢東とその子供たち
  • 9 毛沢東と江青のあいだ
  • 10 毛沢東、護衛と江青の確執をさばく
  • 11 毛沢東の性格上の特色
  • 12 毛沢東と"毛沢東万歳"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間毛沢東 : 最後の護衛長・李銀橋は語る
著作者等 李 銀橋
権 延赤
田口 佐紀子
書名ヨミ ニンゲン モウ タクトウ
出版元 徳間書店
刊行年月 1990.2
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4195541514
NCID BN04512815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90053772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想