講座ドイツ観念論  第1巻 (ドイツ観念論前史)

広松渉 ほか編

標準的な哲学史の枠組みを離れ、イギリス哲学や啓蒙期のフランス、そしてラスプニッツ「新哲学」などが、ドイツ思想界の底を滔々と流れた時代に光を当てる。メンデルスゾーン、ランベルト、レッシング、バウムガルテンらの新たな相貎を浮かび上がらせつつ、ドイツ観念論出現前夜の<ヨーロッパ>を読こ直す試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 ドイツ観念論と<ヨーロッパ世界の哲学>
  • ロックとカント-自我のあり方をめぐって
  • ライプニックの影響-apperceptioをめぐって
  • 友愛・人類・進歩-フォルスターを媒介にみたフランスとドイツ
  • ライプニッツと中国
  • メンデルスゾーン-普遍性への解放
  • ランベルトの現象学
  • レッシングの宗教思想
  • 完全性の美学の帰趨-バウムガルテンとカント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座ドイツ観念論
著作者等 中島 義道
佐藤 和夫
加藤 尚武
坂部 恵
山内 志朗
廣松 渉
木村 競
松尾 大
美濃 正
長尾 竜一
高尾 利数
広松 渉
広松渉ほか
書名ヨミ コウザ ドイツ カンネンロン
書名別名 ドイツ観念論前史

Koza doitsu kannenron
巻冊次 第1巻 (ドイツ観念論前史)
出版元 弘文堂
刊行年月 1990.6
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 4335100310
NCID BN04787278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90048890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想