自治体財政政策の理論と歴史 : ヴァイマール期を中心として

K.-H.ハンスマイヤー 編 ; 広田司朗, 池上惇 監訳

[目次]

  • 序説 財政政策における理念像の意義
  • 第1章 ヴァイマール共和国の発足と、市町村をめぐる政治的・社会的状況の変化
  • 第2章 エルツベルガーの改革計画における自治体財政-市町村独自の税に代わる財政交付金
  • 第3章 大規模インフレーションの影響下における自治体政策思想
  • 第4章 「最終的」財政調整規則の努力
  • 第5章 市町村における財政政策論争の変遷
  • 第6章 自治体の公債発行
  • 第7章 自治体財政政策の議会外における意思決定主体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自治体財政政策の理論と歴史 : ヴァイマール期を中心として
著作者等 Hansmeyer, Karl-Heinrich
広田 司朗
池上 惇
ハンスマイヤー K.H.
書名ヨミ ジチタイ ザイセイ セイサク ノ リロン ト レキシ
書名別名 Kommunale Finanzpolitik in der Weimarer Republik

Jichitai zaisei seisaku no riron to rekishi
出版元 同文館
刊行年月 1990.7
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4495417711
NCID BN05088263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想