息子と父親 : エディプス・コンプレックス論をこえて 青年期臨床の精神分析理論

ピーター・ブロス 著 ; 児玉憲典 訳

本書は、男性の発達および神経症の起源に関してエディプス・コンプレックスにのみ力点をおく立場に異議を唱え、父親に対する愛と服従の前エディプス的欲求の重要性とその病理に焦点をあてている。その主張は、男性の人格の形成に関する伝統的な見解に対して根本的な修正をせまるものである。青年期病理にとりくむ臨床家にとり待望の理論書の翻訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 幼児期から大人になるまでの息子と父親の関係-世代間的観点からの一研究
  • 第2部 文学作品にみる二者期の息子‐父親関係
  • 第3部 男性のエディプス・コンプレックスに関する見解の変更にむけて-青年期の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 息子と父親 : エディプス・コンプレックス論をこえて 青年期臨床の精神分析理論
著作者等 Blos, Peter
児玉 憲典
ブロス ピーター
書名ヨミ ムスコ ト チチオヤ
書名別名 Son and father
出版元 誠信書房
刊行年月 1990.6
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4414402557
NCID BN04928176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想