自民党「孫子」 : 孫子理論による政治力学の解明

伊藤昌哉 著

リクルート事件でいま問われる「真の民主主義」とは-。田中-中曽根-竹下政権の本質と権力闘争の構造を、孫子理論と知られざるエピソードによって解明。「政治的に洗練された国家」への大道を示唆する著者会心の作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自民党「孫子」(孫子の道を知る者は必ず勝つ
  • 自民党を乗っ取る
  • 「田中支配」体制の確立
  • 代理人・二階堂の反乱
  • 「詭道」のパフォーマンス
  • 竹下政権出生の秘密)
  • 第2部 「孫子」の政治力学(孫子の発想
  • 戦争総論
  • 攻守の態勢
  • 戦闘の本質
  • 戦闘の実践
  • 情報と謀略)
  • 第3部 毛沢東「孫子」(孫子とクラウゼビッツに学ぶ
  • 一を以て十に勝つ
  • 遊撃戦争の虚と実
  • 利害は交替する
  • 蒋介石が語る毛「孫子」の政略
  • 毛沢東「孫子」謀攻篇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自民党「孫子」 : 孫子理論による政治力学の解明
著作者等 伊藤 昌哉
書名ヨミ ジミントウ ソンシ
書名別名 Jiminto sonshi
出版元 プレジデント社
刊行年月 1989.5
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 4833413388
NCID BN03786713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90042467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想