映像学原論

植条則夫 編著

[目次]

  • 第1章 映像の概念と映像研究の特色
  • 第2章 映像メディアの歴史-アプローチのための試論
  • 第3章 映像の特質
  • 第4章 映像メディアの種類と特性
  • 第5章 映像と現代芸術
  • 第6章 映像表現の創造原理
  • 第7章 映像の批評をめぐって
  • 第8章 高度情報社会と映像文化-映像の「保存-蓄積-継承」という問題をめぐって
  • 第9章 ジャーナリズムとしての映像
  • 第10章 映像広告の機能と発想
  • 第11章 記号としての映像と言語
  • 第12章 映像情報と創造的思考
  • 第13章 映像ソフト産業
  • 第14章 ホログラフィーとその意味
  • 第15章 映像における表現の自由と倫理
  • 第16章 映像著作権の諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像学原論
著作者等 植条 則夫
書名ヨミ エイゾウガク ゲンロン
書名別名 Eizogaku genron
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1990.5
ページ数 326, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4623019969
NCID BN04724132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想