ピカソからゲルニカへ : ある絵画の生成の系譜

ジャン=ルイ・フェリエ 著 ; 根本美作子 訳

ピカソはすでに有名な画家として、1937年パリ万博スペイン館を飾る作品制作を依嘱されていた。その年4月、ナチスによるゲルニカ爆撃。これがピカソのテーマとなった。現代史の一事件-史上初めての非線闘員に対する非道に組織的攻撃-に対する憤激がきっかけであることは確かだ。どのように『ゲルニカ』は生まれたのか。絵画の歴史とピカソの絶えざる変貌を歩みとの両面から、絵画の術法、図像の伝統的意味、精神分析、神話、科学技術、マス・メディアの現代的意味…著者は多様な手段でこの絵の分析を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 新聞はジャングルだ
  • 第2章 黒板の上の白い数字
  • 第3章 狼!狼!
  • 第4章 罪人イカロス
  • 第5章 もの言わぬパブロ
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピカソからゲルニカへ : ある絵画の生成の系譜
著作者等 Ferrier, Jean Louis
根本 美作子
フェリエ ジャン・ルイ
書名ヨミ ピカソ カラ ゲルニカ エ
書名別名 De Picasso à Guernica
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.4
ページ数 193p
大きさ 22cm
ISBN 4480871489
NCID BN04787755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想