鉄鋼

三木乙彦 著

[目次]

  • 目次
  • 1 鉄はわれわれの文化を支えている / 1
  • 1 鉄とはどんなものか / 1
  • 2 鉄はいつごろから造られたか / 5
  • 2 鉄鋼はどうやって造られるか / 9
  • 1 製鉄原料のいろいろ / 9
  • 2 鋼(はがね)の原料になる銑鉄はもろくて固い / 10
  • 3 アイス・キャンデーのようにして造る鋼塊 / 14
  • 4 鋼塊を圧し延して鋼材を造る / 23
  • 5 鋳物は圧延しない / 32
  • 6 規格のうるさい特殊鋼 / 34
  • 7 製鉄所の副產物 / 35
  • 3 世界の鉄鋼業 / 37
  • 1 めざましい発展ぶり / 37
  • 2 世界一を誇るアメリカ / 38
  • アメリカ鉄鋼業の王者 U・Sスチール / 42
  • 3 急ピッチで躍進するソ連 / 46
  • 初めは外国人の手で / 47
  • 五か年計画で増産へ / 48
  • 4 先進国イギリス / 52
  • 政府のあと押しと鉄鋼連盟の活躍 / 55
  • 近代化を急ぐイギリス鉄鋼業 / 58
  • 5 組織の強いドイツの鉄鋼業 / 63
  • カルテル・コンツェルンの再編成 / 70
  • 6 立ちおくれたフランス / 74
  • 問題のタネ ザール / 76
  • 7 英仏独三国の鉄鋼業拡充計画 / 78
  • 4 シューマン共同体-(欧洲石炭・鉄鋼共同体) / 80
  • 1 共同体ができるまで / 80
  • 戦後活潑になったヨーロッパ統合への動き / 80
  • ヨーロッパ統合運動の背景 / 82
  • 2 むずかしい共同体の運営 / 86
  • 激しい独仏の対立 / 88
  • 5 日本の鉄鋼業の歴史 / 93
  • 1 国防のために誕生、軍に育てられる / 93
  • 官営八幡製鉄所の設立 / 95
  • 民間製鉄業もぞくぞく / 97
  • 第一次大戦で大もうけ / 98
  • 反動的な恐慌でばた[バタ]倒産 / 101
  • 八幡製鉄所への生産集中度高まる / 102
  • カルテル化への途 / 104
  • 日本製鉄の成立と日鉄中心主義 / 106
  • 強引な戦時統制 / 111
  • 国家の保護で育った鉄鋼業 / 113
  • 6 日本鉄鋼業の戦後の足どり / 118
  • 1 急速な復興ぶり / 118
  • 7 日本鉄鋼業の現状-緊縮予算で苦境- / 124
  • 1 日本製鉄の解体 / 129
  • 2 鉄鋼業界の再編成 / 131

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄鋼
著作者等 三木 乙彦
書名ヨミ テッコウ
書名別名 Tekko
シリーズ名 産業の学校双書 ; 2
出版元 岩崎書店
刊行年月 昭和29
ページ数 140p 図版
大きさ 22cm
NCID BN09703876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45013748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想