朝鮮戦争 : 内戦と干渉

J.ハリデイ, B.カミングス 著 ; 清水知久 訳

朝鮮の分断を決定的なものにした朝鮮戦争とはいかなる戦争だったのか。二つの国内的勢力(反植民地闘争にもとづく革命的民主主義運動と、不平等な土地制度と結びついた保守派の運動)の闘争が別の形で継続されていった内戦として捉え、1950年6月に突如として始まったとする通説を批判する。豊富な写真により、内戦と干渉の実態をヴィヴィッドに再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 外からの干渉と分断
  • 朝鮮戦争勃発
  • 北朝鮮への戦争の拡大
  • 完全に新しい戦争
  • 戦いながらの交渉
  • 再統一なしの休戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮戦争 : 内戦と干渉
著作者等 Cumings, Bruce
Halliday, Jon
清水 知久
カミングス B.
ハリデイ J.
書名ヨミ チョウセン センソウ
書名別名 Korea:the unknown war

Chosen senso
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.2
ページ数 257p
大きさ 27cm
ISBN 4000013599
NCID BN04459246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想