物の地獄 : ルネ・ジラールと経済の論理

ポール・デュムシェル, ジャン=ピエール・デュピュイ 著 ; 織田年和, 富永茂樹 訳

ジラールの文化理論《三角形的欲望理論》に依拠しつつ、近代社会の性質と特殊性およびその概念を検証する。経済に基づく諸秩序・価値・思想に支配された近代世界を概観し、人間科学の核としての宗教・神話そして神々不在の《脱聖化》社会の構造を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 記号と羨望(近代経済あるいは万人の万人にたいする戦い
  • 見られるかあるいは見られないか<見るかあるいは見られるか>
  • 模倣の欲望のさまざまな姿
  • 自由の論理、愛の論理)
  • 2 稀少性のアンビヴァランス(稀少性と暴力
  • 稀少性と共同体
  • 模倣による危機
  • 稀少性と模倣による危機
  • 暴力と経済
  • 自由主義の伝統
  • 社会的制度化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物の地獄 : ルネ・ジラールと経済の論理
著作者等 Dumouchel, Paul
Dupuy, Jean Pierre
富永 茂樹
織田 年和
デュピュイ ジャン・ピエール
デュムシェル ポール
書名ヨミ モノ ノ ジゴク
書名別名 L'enfer des choses

Mono no jigoku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 288
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.2
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 4588002880
NCID BN04302448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90027027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想