日本の子どもに日本の踊りを : 民舞教育の探求

中森孜郎 著

民族舞踊のもつ「教育」の力が、まっすぐに子どもたちの心と身体とに伝わったとき、子どもたちの顔は輝きに満ちてくる。顔を伝わる汗の一滴一滴が私たち教師の心を揺さぶる。子どもたちは民族舞踊との出会いによって、確実にその心を身体を変えていく。いま伝統文化の教育的意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 民族舞踊教育の探求(民族舞踊教育のあゆみ
  • 身体表現の教育学
  • 舞踊の教育的意義
  • 生活としての舞踊
  • 民舞の教育的価値とその指導)
  • 第2部 民舞教育・Q&A(民舞教育の民舞とは、民俗舞踊なのか、民族舞踊なのか?
  • 民族舞踊と一口にいっても実に多様なのに、民舞教育では民俗舞踊をもっぱらとりあげる理由は何か? ほか)
  • 第3部 民舞教育の実践(踊りと太鼓で変わった学生たち
  • そうらん節の授業
  • 春駒の踊りをつくる
  • 大森みかぐらの実践
  • 養護学校のそうらん節
  • 八丈太鼓に思いを込めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の子どもに日本の踊りを : 民舞教育の探求
著作者等 中森 孜郎
書名ヨミ ニホン ノ コドモ ニ ニホン ノ オドリ オ
書名別名 Nihon no kodomo ni nihon no odori o
出版元 大修館書店
刊行年月 1990.2
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4469261742
NCID BN04290418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90023721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想